森の恵み・・ じごぼうを採ってきました

2021.10.18(月) 晴れ 16:00 外気温9℃
シーズン的には晩期に差し掛かっていますが、本日午後から夫婦二人でじごぼう(森の恵みのキノコ)採りに精出しました。
じごぼうは、深い森の中カラマツ林の根元に自生しています。深い森の中とはいっても、長スイコテージは一歩外に出ると右も左も森が広がっていますので、見当さえ付ければ比較的容易に採収できるのです。
色々な食べ方がありますが、私が好きなのは汁系(鍋、みそ汁)で、おろし醬油でいただくのもなかなか結構だと思います。一旦冷凍保存して、お客様の食膳に並べるのも一興かと・・ (‘◇’)ゞ

森で採収したばかりのジゴボウ 水洗いし下処理…  なめこのようです

コテージで栗拾いをどうぞ(小布施栗です)

2021.10.7(木) 晴れ 8:00 外気温14℃
コテージには、小布施栗の大木が2本あります。
昨年、信濃町近縁では当方コテージを含めて周期的(?)な不作のようでしたが、今シーズンは大きな実をつけて秋の味覚の収穫が始まっています。周辺のご家庭に配っても、今のところ余るほどありますので、ご希望の方はご一報 ( 090-3230-4799 ) の上、お気軽に栗拾いにおいで下さい。多分、後一週間ほどで終わります。早い者勝ち・・

コテージの菜園に日が差してきた 小布施栗の大木 鈴なりです
木の下は栗だらけ 拾い放題・・ 例年に比べるとやや小振りか⁉

今年もイチゴのシーズンが到来 !!

2021.0.11(金) 晴れ 17:00 外気温 20℃
今年も露地栽培イチゴのシーズンがやって来ました。
長水コテージでは、例年ですと6月中旬から・・  と相場が決まっているのですが、それが今年は10日ほど早く訪れました。6月6日辺りからイチゴの実が赤く色付き始め、6日経った今では連日収穫に追われています。シーズンの始まりが早かったので、多分今月いっぱいのような気がします。

シーズン中なら、お客様には食べ放題で解放しているのですが、昨年からの厄介な社会状況もあるため、なかなかそうはまいりません。一日も早く普通の社会生活に戻れることを願うばかりです。

ワラビ採り

2021.5.14 10:00  晴れ  外気温17℃
4月から山菜の本格シーズンが始まり、もうしばらくは色々採れますが、5月中旬現在はワラビがすごい。
愛犬との散歩がてら・・ 連日のように山菜を手にして帰りますが、本日はワラビに的を絞りました。
自然の恵み「山菜」は、どれをとっても美味しくいただけますが、中でもワラビは万人向けの味覚として一番の存在だと思います。2時間ほどの散歩で・・ 6kg超(*´з`)/の収穫でした。
お好きな方は是非トライしてみて下さい。お泊り抜きでも大歓迎。。

5月連休・・ コテージ廻り現況報告

2021.5.5(水) 15:00  曇り 外気温15℃
本年は3月下旬から山菜(こごみ)のシーズンが始まりましたが、今月中旬~下旬までには多分その他山菜も終わるような気配です。例年に比べると速足の感じです。但し・・ タラの芽、コシアブラ、ワラビ等、量的にはかなり採れていますので、もう春の自然の恵みは十分に堪能できました。

本日は、5月連休長水コテージ廻りの自然現況報告です。
現在は・・ オオヤマザクラと辛夷が満開で、さりげない存在の仕方そのものが自然環境にはとても似合っています。これが本当のお洒落というものです。
春を迎えた福寿草の黄色は4月第2週目で終わりましたが、現在のコテージの敷地内にはタンポポの黄色がいっぱい、なかなか壮観な風景ですので、見て頂けると感動は請け合いものです。

コテージでは原木榾木でシイタケ栽培をしています。春・秋2回収穫できますが、例年ながら今春も好く育って、初収穫は5月3日でした。これから暫くの間食卓が贅沢になります。
原木シイタケ(どんこ)は菌床物に比べると、風味が高く肉厚で食感がこれまた最高・・ !! 美味しく食べるなら焼きに限ります。バターで焼いても美味 (‘◇’)ゞ
量がありますので、食べ切れないものは乾燥して保存しております。