黒姫山登山

2021.10.26 晴れ
一昨日(1/24)、今シーズン最後の楽しみとして、長水コテージの直ぐ西側に聳える黒姫山(2,053m)登山に出掛けてまいりました。当日の朝は晴れておりましたが、下界(長水コテージ標高780m)から眺めると前夜に新雪があったようで、上半分が真っ白に雪化粧。
複数の登山ルートがありますが、「ルートの整備状況」や「眺望」等で、戸隠寄りの大橋口(古池・種池登山道入口)からの入山です。下界は好天だったのですが高度を上げると徐々にガスが多くなり、流石に山頂直下では既に冬の装い。おかげさまで・・ 非日常性を味わえたことと無事に下山できましたので、年内最後に満足な一日を過ごすことができました。

長水コテージの西側に聳える黒姫山・・ ここに登ってきました(10/26撮影)

森の恵み・・ じごぼうを採ってきました

2021.10.18(月) 晴れ 16:00 外気温9℃
シーズン的には晩期に差し掛かっていますが、本日午後から夫婦二人でじごぼう(森の恵みのキノコ)採りに精出しました。
じごぼうは、深い森の中カラマツ林の根元に自生しています。深い森の中とはいっても、長スイコテージは一歩外に出ると右も左も森が広がっていますので、見当さえ付ければ比較的容易に採収できるのです。
色々な食べ方がありますが、私が好きなのは汁系(鍋、みそ汁)で、おろし醬油でいただくのもなかなか結構だと思います。一旦冷凍保存して、お客様の食膳に並べるのも一興かと・・ (‘◇’)ゞ

森で採収したばかりのジゴボウ 水洗いし下処理…  なめこのようです

お客様(都会から信濃町へ)の新邸

2021.10.14(木) 晴れ 13:30 外気温16℃
都会から信濃町への移住を決められたお客様の新邸が、姿を現してまいりました。お客様は、ここで農園の運営を始められます。
ここからはカラマツ林越しに妙高、黒姫、戸隠の雄姿が眺められる他、周辺環境は誠に牧歌的・・  建築の意匠面に並々ならぬ配慮と工夫を凝らされたようです。一見全くそのようには見えないのですが、構造的にはログハウスです。

2021.4着工
2021.10.14現在 2021.10.14源蔵

 

コテージで栗拾いをどうぞ(小布施栗です)

2021.10.7(木) 晴れ 8:00 外気温14℃
コテージには、小布施栗の大木が2本あります。
昨年、信濃町近縁では当方コテージを含めて周期的(?)な不作のようでしたが、今シーズンは大きな実をつけて秋の味覚の収穫が始まっています。周辺のご家庭に配っても、今のところ余るほどありますので、ご希望の方はご一報 ( 090-3230-4799 ) の上、お気軽に栗拾いにおいで下さい。多分、後一週間ほどで終わります。早い者勝ち・・

コテージの菜園に日が差してきた 小布施栗の大木 鈴なりです
木の下は栗だらけ 拾い放題・・ 例年に比べるとやや小振りか⁉

空の雲が早朝の日を浴びて赤く染まっていました

2021.9.22(水)  晴れ   7:00  外気温19℃
本日早朝5:00過ぎに目が覚めて外に目をやると、空の雲が日を浴びて赤く染まっていました。とても印象的でしたので取り急ぎデジカメで撮影してみましたが、なかなか難しいの一言です。。
本日は来客がありませんので、一日造園作業に費やす予定・・

8月末のコテージ廻り & そば畑

2021.8.31 20:00 曇り 外気温23℃(16:00)
昨年来の厄介な災禍、なかなか納まりを見せてくれない状況が続いています。
来年こそは‥ と願うのは世界の人たち共通の願いになっているに違いないと思います。
春以降今年の天候はだいぶん不順気味で、日本のみならず世界で大きな災害が発生しています。特に日本の災害は大雨に起因する事案が多く、今のところ好運にも災害こそないものの、信濃町においても雨降りは長く続きました。
その結果コテージ廻りの雑草は活性そのもので、ここ10日ほど草刈りに精を出しておりました。5月以降今回で6回目を数えます。草刈機に仮払い機、そして手抜き・・ です。(*´з`)

日中27~28℃を越して多少暑いと感じる日もあることはありますが、ここ長水コテージではエアコンを使用しておりません。屋内や日陰は涼しく、就寝時熱帯夜になることなどあまり無いと言っても過言ではありません。最近の朝晩などは、21~23℃で寒いくらいです。

菜園では夏野菜の収穫がまだ続いていますが、明日から9月。。これからは、秋野菜、栗、シイタケと続きますが、そうこうしている内にまた冬が訪れるのです。下の画像は本日11:00頃に撮影したものです。